衛生管理について

○お弁当製造について

 当社のお弁当製造はHACCP※に則り、各工程に管理基準を設定しております。

 各工程を一般管理項目と重要管理項目に分けてリスク管理を行っております。

 また出荷判定を行っており、各基準に達しているお弁当しか出荷致しません。 

 

○菌検査の実施

 製造されたお弁当の菌検査を自社と外部機関の両方で実施しております。

 

○衛生講習会の実施

 お弁当製造に携わる従業員全員に毎月1回以上、衛生講習会を実施しています。

 基本的な衛生や時期により流行する食中毒の注意、アレルゲンや食中毒事故例などを講習内容にして講習会を

 開いております。

 従業員全員が衛生について共有した知識を持つ様に努めております。

 

○QC会議

 各部署から選出されたメンバーによる品質と衛生の会議を毎週1回開催しております。

 この会議では社内全体の品質と衛生について話し合いを行い、リスクマネージメントを行っております。

 

 以上により当社ではお客様により安全のお弁当が届けられる事を一番に考え、お弁当製造の運営を行っております。

 

 

※HACCPとは

食品の原料の受け入れから製造・出荷までのすべての工程において、危害の発生を防止するための重要ポイントを継続的に監視・記録する衛生管理手法です。