~すたっふブログ~

2016年6月16日 今年の夏は猛暑だそうで・・・

 今年の夏は猛暑になると予想されています。それはラニーニャ現象が発生した年は猛暑になっており、今年もそのラニーニャ現象が発生している為だそうです。

 ラニーニャ現象とは、太平洋赤道付近の日付変更線から南米沿岸に掛けて海面水温が平均より低くなる事です。よく聞くエルニーニョ現象はその逆で同じ海域で海面水温が平均より高い状態をエルニーニョ現象と言うそうです。

 猛暑になると予想されていますので、 例年以上に熱中症に注意しなければならなくなっております。

6月6日~12日の速報値で880人が熱中症で緊急搬送されています。昨年同時期は633人でしたので、この時期でも昨年より多くの方が緊急搬送されています。

熱中症は本当に怖い症状なので、水分をこまめに取り、塩分もほどよく取り、休憩もこまめに取る様にして下さい。

日本気象庁協会の熱中症についてのHPがあったので載せておきます。「熱中症ゼロへ

皆様におかれましても例年以上に熱中症には十分にご注意ください。


2016年6月6日 近畿地方梅雨入り・・・

 6月4日ごろに近畿地方も梅雨入りしたと気象庁から発表されました。いつもより早い気もしますが、昨年より1日遅いそうです。

ただ例年と比べると3日早い様ですので、やはり感覚的に早く感じたのは間違いでは無かった様でした(^^)

例年の梅雨明けは7月21日頃で、昨年は7月24日頃に明けています。

 気になったので調べてみると、梅雨入りが最も早かったのは2011年の5月22日頃でした。逆に最も遅かったのは、1958年の6月25日頃でした。梅雨明けで最も早いのは1978年の7月3日頃で、最も遅いのは2009年8月3日頃でした。入りも明けも一番早い年と遅い年では約1カ月程の差があります。(※1951年からのデータで、特定出来ない年を除く)

梅雨入りのシーズンになると気温と湿度が高くなります。一般的に菌類は30~40℃で最も増殖すると言われており、食材が傷みやすい時期となります。ご家庭での食材の保存も、常温では置かずすぐにに冷蔵庫で保存するなど保存にも十分にお気を付け下さい。