~すたっふブログ~

2015年6月6日 6月なのに雪!

 昨日から今日にかけて肌寒いですけど、北海道では雪が降ったそうです!大阪でも最高気温が19℃でした。大阪では5月に「夏日が22日」、「真夏日が5日」と月のほとんどが25℃以上だったのにですね・・・

 気温が高くなると室内でも熱中症の危険がありますので注意が必要ですが、気温の差による体調にもご注意して下さいませ。

 

 

 


2015年6月6日 6月12日から豚肉生食禁止

 6月2日に厚生労働省から豚肉の生食を禁止にする通達を出しました。元々豚肉を生で食べる事じたいあり得ないと思いますが、牛の生食が禁止になった後に、豚肉を生で提供している飲食店があったそうです・・・怖いですね。

 当社ではお肉以外でも食品の加熱後の中心温度が85℃以上にしなければならないと設定しております。また85℃未満の時は再加熱する様にルールを決めて製造をしています。


下記に厚生労働省のホームページから、豚肉生食禁止のページを転載しておきます。

 

豚のレバーは、加熱して食べましょう。
飲食店では、生食用として提供しないでください。
  •  豚レバーをはじめとする豚、イノシシ、鹿の肉を生で食べると、E型肝炎ウイルスに感染するリスクがあります。E型肝炎は、劇症化する可能性もあります。
  •  また、豚レバーを生で食べると、 サルモネラ属菌や、 カンピロバクター・ジェジュニ/コリ等の食中毒のリスクがある(※)ほか、世界では、豚からの有鉤条虫、旋毛虫等の寄生虫への感染も報告されています。
  •   ※過去10年間で豚の生レバーが原因と考えられる5件の食中毒が発生しています。
  •  豚のレバーは加熱して食べましょう。飲食店などの事業者でも、生食用としては提供せず、しっかりと加熱を行うようお願いします。

牛や豚の生レバーだけでなく、生の肉や内臓は、食中毒が発生する危険があります。

 お肉や内臓は、よく加熱して食べましょう。特に、お子さんやお年寄りなど抵抗力の弱い方はご注意ください。
  詳しくは、こちらへ→  「ご注意ください!お肉の生食・加熱不足による食中毒」(政府広報)

 2015年6月2日掲載  食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について